TOP > 外国人技能実習生の日本語教育講習などについて

外国人技能実習生の日本語教育講習などについて

企業が、外国人技能実習生を受け入れるときには、一般的には監理団体を通して行います。
監理団体では、企業で外国人が技能実習を受ける前に、日本語の教育講習を行っています。
最も、不安な要素が日本語のスキルです。

カンボジアの人材派遣の新しい情報です。

団体では、様々な取り組みを行って、外国人研修生や技能実習生の日本語能力の向上を行っています。

この講習は、それぞれ団体によって独自のカリキュラムが組んであります。

入国前の数カ月前から現地講習を行い、入国後の1ヶ月感は集合講習で更に日本語を教えていきます。

また、送り出し機関と提携しているので、入国前には日本語学習内容をヒアリングや、電話などで抜き打ちテストなどを行っています。
これは、必要となる目標のレベルまで、能力向上のために、様々な方法を取り入れています。


入国した後は、いきなり技能実習を行うのではなく、それまでの勉強の続きから始められるように、テストを行ってから聴解や読解などの弱いところを確認してマスターしていきます。



聴解が弱いときには、聞き取りの授業を増やしたりしてそこを強化した授業を行います。
また、企業に配属する前にも、同じくテストを行って現地講習の成果を確認します。

実習生は、留学生と違って語学を修得することが目的ではないので、日本語のレベルも個人によって違います。



これも、監理団体が経験に基づいて、それぞれの国のレベルに対応できるテキストなどを独自に作って対応しています。

それぞれの実習生の日本語レベルにあった教育を行い、全体的な日本語のレベルを上げていきます。